落雷落雷

湿った空気が激しく上昇して上空の低い温度の層に達すると「あられ」や「氷晶(小さい氷のつぶ)」が多量に発生し、雷雲となります。あられや氷晶がぶつかり合って発生した静電気が雷雲の中にたまり、放電される現象が雷です。2005〜2017年の12年間で、1,500件以上の落雷が発生しており(※)4〜10月は太平洋側で多く、11〜3月は日本海側で多くなる傾向があります。

(※)気象官署から報告のあった落雷害の数

落雷が起こると落雷が起こると

雷は、積乱雲の位置次第で、海面、平野、山岳など場所を選ばず落ち、さらに周囲より高いものほど落ちやすいという特徴があります。グラウンド、平地、山頂、尾根などの周囲の開けた場所にいると、積乱雲から直接人体に落雷することがあり(直撃雷)、これを受けるとおよそ8割は死亡します(※)。また、落雷を受けた樹木などのそばに人がいると、その樹木などから人体へ雷が飛び移ることもあります(側撃雷)。木の下で雨宿りなどをしていて死傷する事故は、ほとんどがこの側撃雷が原因です(※)

(※)冊子「雷から身を守るには」(日本大気電気学会編集)より

備えておこう!

積乱雲の動きを確認積乱雲の動きを確認

屋外で活動するときは、気象情報をこまめに確認しつつ、空の変化には常に注意を払いましょう。各地の気象台では、毎日5時、11時、17時に天気予報を発表し、雷の危険がある場合には雷注意報を随時発表しています。

積乱雲が近づくサインとは…
  • 真っ黒い雲が近づき、周囲が急に暗くなる
  • 雷鳴が聞こえたり、雷光が見えたりする
  • ひやっとした冷たい風が吹きはじめる
  • 大粒の雨や「ひょう」が降りはじめる

いざというときには

安全な場所へ避難する

積乱雲が近づくサインに気づいたり、雷鳴が聞こえたら、速やかに安全な場所に避難しましょう。単独の積乱雲による激しい現象は、30分から1時間程度で弱まることが多いです。雷ナウキャストで現象の状況を確認しながら、 安全な場所で積乱雲が過ぎ去るのを待つようにしましょう。

人に落雷しやすい場所
  • グランド
  • ゴルフ場
  • 屋外プール
  • 堤防や砂浜
  • 海上などの開けた場所
  • 山頂や尾根などの高いところなど
雷から身を守る空間
  • 鉄筋コンクリート建築
  • 木造建築の内部(全ての電気器具、天井・壁から1m以上離れる)
  • 自動車(オープンカーは不可)
  • バス
  • 列車の内部など

避難できないときには…

近くに安全な空間が無い場合は、電柱などの高い物体のてっぺんを45度以上の角度で見上げる範囲で、4m以上離れたところに避難しましょう。高い木の近くならば、最低でも木の全ての幹、枝、葉から2m以上は離れて姿勢を低くし、持ち物は体より高く突き出さないようにします。雷の活動が止み、20分以上経過してから安全な空間へ移動してください。